台北市立図書館

訪問者数: 2216487
:::
現在の位置ホーム > 利用者サービス > 利用者開拓活動 > Bookstartブックスタート

Bookstartブックスタート

発端



1992年、イギリス公益団体ブックトラスト、バーミンガム大学教育学部、バーミンガムの衛生機構と図書館により共同でBookstart運動が開始され、新生児を持つ親に2冊の無料児童書、閲読入門書、図書館の招待状が入ったブックスタート・パックが贈られました。その後の追跡調査によると、1回目に本を贈られた300の家庭では、一家の図書に対する興味が増し、親子で読書をする頻度、両親が子供に本をプレゼントする回数、一家で図書館へ行く回数等が増加していることがわかりました。またこの幼少から図書に接触した幼児は、小学校に上がってから、基本学力テストの成績も他の子供より良く、語学のレベルだけでなく、計算能力も優れているのです。幼児期の閲読能力の推進が児童の学習と閲読能力の向上に役立つという見地から、台北市は特別に信誼基金会と提携して、共同でこの国をあげての長期的な活動を推進しています。


台北市立図書館と信誼基金会は2006年9月1日から正式に台湾独自の「Bookstart ブックスタート」運動を開始しました。台北市を本籍地とし、生後6 ~60ヶ月の赤ちゃんのいる家庭を対象として、ブックスタート・パックを贈り、「嬰児幼児父母学習講座」への参加を通して両親に子供の学習過程を理解させます。図書館及びインターネット上の資源を利用して、各段階の子供に最も適した閲読と学習の方法を与え、さらに幼少から閲読習慣を養います。また図書館は、実際に親子読書が可能な最も効果的な場を提供しています。

  • クリック: 1908
  • 更新日: 2017/1/25 17:05
  • データ表示日付: 2017/1/25 17:04

  • データメンテナンス: 臺北市立圖書館